読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

暇な大学生の競馬予想ブログ

暇すぎて競馬の予想をするしかない大学生のブログ

アメリカジョッキークラブカップ【予想】

 

今日の中山11Rメインレース...

アメリカジョッキークラブカップ(GⅡ)の予想および買い目を決定しました。

 

 

本命の軸馬は5枠10番の"ゼーヴィント"にします。

マイナス要素があるとすればこのレースの4歳の3着内率の低さですが、

恐らくその傾向はこのレースに出走してきた4歳馬の実力に起因するものでしょう。

 

 

そうであれば、ゼーヴィントはこのメンバーなら気にすることはないので、

マイナス要素はあってないようなものです。

 

 

ディープインパクト産駒は中山が得意な印象はありませんが、

このレース自体の傾向として、ディープ産駒が好走しているので問題ないでしょう。

そしてこの馬の中山の成績は1着2回、2着1回と、2-1-0/3なので適正は十分。

 

 

5枠、6枠の勝率が高いことからも良い枠に入ったと思います。

内枠が基本有利といわれてる予想をよく見ますが、このレース自体は中枠が有利です。

現在、1番人気ですが単勝オッズが3倍以上つくのであれば美味しいとさえ思います。

 

 

次に対抗ですが、、3枠6番のルミナスウォリアーにします。

前走のディセンバーSを評価しました。

ディセンバーSの勝者はツクバアズマオーですが、こちらはその後の中山金杯の勝ち馬でもあります。

この馬と遜色ないレースをしたということが一つ評価のポイントです。

もう一つは単純にデータ上、このレースから出走する馬の複勝率が高いことです。

現在6番人気ですが、フラッと2、3着に着そうな印象があります。

 

 

次に、3番手、4番手の単穴ですが、

7枠13番のリアファルと4枠7番のワンアンドオンリーにします。

リアファルは2015年の有馬記念出走後に1年休養していましたが、

馬の格というかランクだけで見れば、頭一つ抜けています。

 

 

そして前走が金鯱賞ということで、

2012年から12月開催となったために、まだ前走金鯱賞組の出走頭数は多くありませんが、今のところ成績は良好です。

その金鯱賞で休み明け5着、タイム差は1位と0.2秒差なのでそれほど負けていません。

むしろ休養明け一発目でよく走ったほうでしょう。

その辺りを評価して3番手にします。

 

 

ワンアンドオンリーはこのメンバーならどうなのかといった希望も含んでいます。

調教はすごく良かったですし、状態面も問題なしと聞いています。

近走の成績こそあまり振るいませんが、出ているレースが大体GⅠレースか、メンバーのレベルがやや高いレースのように思えます。

かつてのダービー馬ということもあり、個人的に面白い一頭ではあります。

 

 

後は3頭までに絞りました。

1枠2番のクラリティスカイ、4枠8番のタンタアレグリア、8枠17番のクリールカイザーです。

クラリティスカイは前走、中山金杯出走馬という不安面はありますが、前残りを考えて。

タンタアレグリアは実力は高いですが、休養明けと中山好走してないので連下で。

クリールカイザーは近走振るってませんが、過去のこのレースの覇者ですし、中山の適正は十分なので。

 

 

買い目としては、

 

単勝 10

ワイド 10⇒2、6、7、8、13、17

ワイド   6⇒7、13

三連複フォーメーション 10⇒6、7、10、13⇒2、6、7、8、10、13、17

 

ですね。大体20点くらいです。

 

 

個人的にですが、1枠1番のミライヘノツバサと2枠4番のシングウィズジョイは過剰人気じゃないかなぁ...と思います。

 

 

ミライヘノツバサは確かに中山適性はありますが、走ったレースの格は下ですし、メンバーレベルが上がるとどうなのかなといった不安があります。

前残りが恐いですが、、それでも3番人気に指示されるほど馬券妙味はないと思います。

 

シングウィズジョイも同様です。

エリザベス女王杯はうまく行き過ぎた感じもしますし、何よりまたルメール騎手が騎乗するということで人気を集めているんだと思います。

まあエリザベスは牝馬レースですし、単勝オッズ的にも今回は買わないでおくことにします。

走られたらもう仕方ないですね笑

 

 

そんなこんなでアメリカジョッキークラブカップの予想は以上で終了です。

次回も重賞レースの傾向と予想をあげていこうと思います。

それではみなさん、楽しみましょう。